パート薬剤師│調剤薬局への転職&求人状況について

薬剤師 パート → パート薬剤師の転職 - 調剤薬局での仕事とは?

パート薬剤師の転職 - 調剤薬局での仕事とは?

薬剤師の職場として最も多いのが調剤薬局です。病院で発行された処方箋をもとにして薬剤を調整し患者さんに提供する仕事が主です。
パート薬剤師求人で高収入を得るには?

調剤薬局は、医薬分業が始まってから、爆発的に増え、現在では5万以上の店舗があります。最近では調剤薬局単独ではなく、ドラッグストアの中にも調剤部が設置されてきていますから、職場としては広がりを見せています。

調剤薬局での薬剤師の仕事は、薬の専門家である薬剤師が適切に調剤し、服薬指導を行うことで、薬に関する医療過誤を予防することができます。副作用などの危険性を最小限に抑えるために必要な情報を患者さんにわかりやすく説明することも大切な業務です。

さらに、患者は処方箋があれば、いつでもどこでも薬を受け取ることができるので、非常に便利になりました。その半面、医薬分業ということで薬剤師が負うべき責任も大きくなっています。中には薬剤師の明らかなミスによってひどい副作用を起こしたり、命に関わるケースも出てきます。

調剤薬局に勤めるメリットとは、比較的転職しやすいところです。特に女性の場合、結婚や出産などで一度職場を離れた場合でも、薬剤師という資格を持っているため、一般の職業よりも見つけやすいというメリットがあります。

また、フルタイムでなくてもパートやアルバイトといった働き方もできるので、子育てや家事との両立もしやすくなります。実際の調剤薬局での薬剤師の求人状況は、ひと昔前までは長引く不況にも強い資格として「売り手市場」でした。しかし、最近ではちょっと事情が違ってきているようです。

というのも、資格を持った専業主婦が調剤薬局にパートなどで働きに出るようになったため、首都圏エリアでは人手不足が解消され始め、むしろ正社員の採用が少なくなっている傾向があります。さらに、収入面でも頭打ちになっているのが実情です。

調剤薬局で働く場合は「Uターン・Iターン」が有利です。地方では薬剤師が不足していて、なんとか人材を確保しようと待遇面で好条件を提示している調剤薬局が多いという傾向になっています。

PMS(市販後調査)とはどんな仕事?

PMS(Post Marketing Surveillance)とは、新薬が一般に発売された時に、そのリサーチを行う仕事です。国は、製薬会社に対して新薬発売後に、薬の有効性や安全性を調査した上で、副作用に関する報告を行うことが義務付けられています。これをPMS(市販後調査)といいます。

新薬が開発され、一般の人達にも安全で効果がある薬を提供できるまでには、多くの時間と費用がかかります。治験という段階ではまだその薬の有効性、安全性は限られた人数でしか確認できていないのが実情です。

治験では、子供や高齢者、妊婦や腎臓・肝臓に障害のある人など、特殊な人までの治験まで行えないのが現状です。さらに、ひとつの薬だけでなく、他の薬と併用することで、それぞれの相互作用のすべてを確認することは治験で確認することはほぼ不可能といえます。

医薬品を製造する段階では想定できなかった副作用が、新薬を発売後に現れることは多くあります。そのため、製薬メーカーに義務付けられたのが、新薬の発売後に、その有効性と安全性を調査し、治験の段階ではわからなかった効能や副作用などについての情報を収集し、公的機関に提出するのがPMSの役割です。

PMSは未経験でもOKという求人も確かにありますが、ほとんどは、看護師や薬剤師の資格保有者、あるいはCRA(治験モニター)やCRC(治験コーディネーター)経験者を対象とした求人だと思って間違いないでしょう。

PMSは海外からの情報も収集、分析することも多くあります。海外での使用経験や副作用の情報を集める必要もあるため、語学力が求められる職種でもあります。具体的にはTOECで600点レベル以上の英語力、外資系の製薬会社でしたら800点以上のレベルなら、転職するにしても有利になります。

PMSは、さまざまな情報の収集能力を含めて、その情報の分析解析をする能力、さらには報告書での簡潔かつ説得のある文章力、また語学力、医療関係の専門知識の他にもさまざまな能力を試される職業だといえます。求人そのものが少ない上に経験が問われるため、PMSとして転職するには、かなりの勉強と努力が必要です。